HI-MACS®(ハイマックス)とは

What's HI-MACS®?

HI-MACS®(ハイマックス)とは

HI-MACS®は、豊かな表現を実現できるメタクリル樹脂(PMMA)を主成分とする素材です。

内部まで同質であることから非多孔性で滑らかな曲線を体現でき、シーム剤により継ぎ目を
見え難くさせることができます。
様々な環境下での長期間にも耐える優れた環境性を誇る人工大理石。

半透明性やバックライトによる照明効果、熱成形による 2 次、3次曲面が可能です。
建築用途や室内用途として広く使用されており、高品質なキッチン、バスルームや洗面などの
水回り、店舗、オフィス、家具、病院やマンション等の公共スペース等に使用されています。
HI-MACS®は韓国LG 電子の関連会社であるLG ハウシスで製造し、現在世界66ヶ国で採用
されているメジャーな人工大理石です。
日本では厳選された50色柄をシーアイマテックス株式会社がディストリビューターとして
販売しております。

Ecology
環境配慮
人と環境に優しい素材です。

快適で健康的な住宅は、素材の見直しから始めなければなりません。ハイマックスは、人や自然環境に与える影響を使用原料から配慮し、VOC(有害な揮発性化学物質)やダイオキシンを発生させる原料を使用しておりません。メタクリル人工大理石の優れた機能と美しさは、人にも環境にも優しく安全を考えた素材です。

VOCは不検出

シックハウス対策のため、建築基準法が改正され、ホルムアルデヒドに建材、換気規制が、平成15年7月1日より施行されました。ハイマックスのホルムアルデヒド放散量は、不検出で安心してご使用いただけます。

試験項目 測定方法 結果
ホルムアルデヒド放散量(mg/L) JIS A 5908 2003 6.10準拠 不検出(0.1以下)M)
測定:(財)化学物質評価研究機構    
燃焼時に有毒ガス発生なし

ハイマックスは焼却処分しても、ダイオキシンや有毒ガスが発生しません。(防火性能獄験時のマウス生存率は100%でした。)

有害物質の溶出ゼロ

有害物質の溶出確認は、食品器具及び容器包装規格の試験方法にて評価を行います。ハイマックスは有害金属の鉛、カドミウムは検出されず、重金属も限度以下ですので安心してご利用いただけます。

試験項目 測定方法 結果
食品、添加物等の基準
(昭和34年厚生省告示第370号)
の第3のD2に準ずる
検出されず(検出限界5PPM)
カドミウム 検出されず(検出限界0.5PPM)
重金属 検出されず(検出限度以下0.7PPM)
測定:(財)日本食品分析センター    
Quality
特性
熱・衝撃に強い、優れた素材です。

住居のキッチンカウンターや飲食店のテーブルなど、人のいる空間には火をつかう場面が数多く考えられます。ハイマックスの耐熱性は、火のついたタバコを10分間放置した実験、200℃のアイロンを10分間放置した実験のいずれにおいても実証されています。不用意にタバコを落としても簡単に処理でき、跡も残りません。また、ハイマックスは柔らかな素材感に加え、衝撃に対しても十分な強度を持っています。いつまでも美しく、そして安全に使用していただけます。

ハイマックスの物理特性
試験項目 試験方法 単位 ST GN
比重 JIS K-7112 1.75 1.66
引張り強度 JIS K-7113 MPa(kg/mm2) 47.1(4.8) 46.1(4.7)
引張り弾性率 JIS K-7113 GPa(kg/mm2) 9.3(950) 8.3(850)
曲げ強度 JIS K-6911 MPa(kg/mm2) 76.4(7.8) 72.5(7.4)
曲げ弾性率 JIS K-6911 GPa(kg/mm2) 8.3(850) 7.4(760)
アイゾット衝撃強度 JIS K-6911 kj/m2(kgcm/cm2) 4.2(4.3) 4.0(4.1)
バーコール硬さ JIS K-6911(934-1) 63 63
鉛筆硬度 JIS K-5400(1kg) H 6 6
耐熱性 アイロン200℃ 変化なし 変化なし
  耐熱性着火タバコ10分間放置 変化なし 微黄変
  熱変色170℃ 変化なし 変化なし
線膨張係数 10-5/℃ 3.65 4.14
耐候性 スガ式ウェザー1000時間 変化なし 変化なし
上記の特性値は品種により異なる場合がございます。なお数値は当社測定値であり、保証値ではありません。
※ハイマックスの伸縮長さ(mm)=【線膨張係数×カウンター長さ(mm)×温度変化(℃)】
Process
加工性
柔軟な加工性で、豊かな空間演出が可能です。

ハイマックスは内部まで、同質のソリッド材で、できているため、曲面や複雑なデザインや化粧面取りも思いのまま。しかも、加熱によって簡単に曲げ加工ができるので、これまではなかなかできなかった空間演出が可能になります。仕上げも塗装やメッキ処理の手間はかからず、簡単な研磨だけでOK。しかも、ハイマックスはこれだけの特性を持ちながら特別な工具を必要としません。「切断」「切り抜き」『面取り」「穴あけ」「表面研磨」等の作業は全て木材の加工工具で自由に行うことができるので、とても手軽です。サイズも豊富で、インテリア性に優れているハイマックスなら、店舗やオフィスなどの商業インテリアからキッチンやラバトリーなどの住空間まで幅広くお使いいただけます。(用途によっては推奨できない形状もあります。)

Maintenance
メンテナンス
普段のお手入れやキズの修復も簡単です。

普段のお手入れやキズの修復も簡単です。

お手入れの方法

• 日頃のお手入れは ・・・・・ やわらかい布の水拭きだけでOK。
• 簡単な汚れの時は ・・・・・ やわらかい布で水拭きあるいは中性洗剤を浸した布かスポンジで拭き取ります。
• 頑固な汚れの時は ・・・・・ クレンザーを布かスポンジに浸して拭き取ります。
• 万一、傷ついた時は
 【浅いキズの場合】 ・・・・ 水を浸したナイロンタワシで円形上にこすると表面はきれいになります。
 【深いキズの場合】 ・・・・ 180番の水研ぎペーパーで円形上にこすってキズをなくした後、仕上げに240番か400番の目の細かい水研ぎペーパーなどで磨くと、表面は綺麗になります。